新・れい姉の暴言妄言日記

関西のとある街で主婦兼パートタイマーをしています!ストレスフリーを目指して、日々感じたことや、お役立ちをご紹介など、いろいろ雑多に書いていきたいと思います。

関西のとある街で主婦兼パートタイマーをしています!ストレスフリーを目指して、日々感じたことや、お役立ちをご紹介など、いろいろ雑多に書いていきたいと思います。

グルメ

人は時に、意地と己自身を秤にかけて、己を取らねばならない時がある(゜Д゜)

皆様こんにちは(=゜ω゜)ノ

通勤時、電車を待ってるホームにて、

ただ立ってるだけなのに、全身に噴き出す汗…;;;。


やめてーーー!!顔だけは汗出ないでーーー!!化粧が落ちるーーーーー!!!!ヽ(´Д`;)ノアゥア...


…しかし、これが帰宅時となると、幾ら汗をかこうが全く気にならないのはどういうことか…;;。

女とは、殊見た目に関して、限りなく見栄っぱりな生き物でございます…;;。



さて、先程、遅い昼食を終えたのでありますがw、

実は本日、帰りがけにローソンで、

「からあげクン レッド辛さ2倍」↓を買って来たのでありますw。

2013-08-07_160829


無論、昼飯として食うつもりでwww。


で、現在、それらすべて胃袋に収めたワタクシ、


まだ微妙に腹が熱い気がします…wwww。



しかし、「辛さ2倍」とか書かれてると、…こうなんといいますか、

「自分はこの辛いのを喰っても平気だということを実証したい」という、チャレンジャー精神が、無駄に刺激されるのですよ…www。

そうですね…、気分は、CoCo一番館で注文の際に、「辛さは?」と店員に訊かれて、ドキドキしながら「10辛…;;」と答えそうになる時のような…ww、

そんなカンジでございましょうか…。…ま、辛さのレベルが違うでしょうがw。




ちなみに、

もう10年以上も前になるかと思いますが、

当時のワタクシは、「CoCo一番館」に行ったことがない人でありました。

で、たまたま外出していて「晩飯どうしようか」と考えていた時、偶然目に飛び込んで来た「CoCo一番館」の看板。

女一人で入る事に若干躊躇いは感じましたが、近隣に飲食店も見当たらず、ワタクシ意を決してCoCo一番館に入ったのであります。

で、四人掛けテーブルを一人で占領し、メニューを開いてみたところ、

辛さの目安のような項目の、10辛のところに、注意書きで小さく、



「救急車を呼ばれる際は店員にお申し付け下さい」



ファッ!?((((゜Д゜;))))




…もう一度繰り返しますが、

ワタクシ、この日がココイチデビューでございましたw。

それなのに、

何、この、客を震え上がらせるような但し書きは…!!!!((((;゜Д゜)))

ココイチの10辛
って、救急車で運ばれるような症状を引き起こしかねない危険物なのかっ!?

2013-08-07_162854


…と、空恐ろしいモノを感じたワタクシ、

その後オーダーを取りに来た店員に向かって、

10辛に挑みたい気持ちを抑えつつ、「2辛で…((((゜Д゜;))))」と無意識に告げておりました…(´・ω・`)。



現在、当時に比べれば近隣のココイチによく行くようになったのですが、

どの店のメニューでも、「救急車云々」と書かれた但し書きを目にしたことはございませんww。

あれは、あの時、ワタクシが入った店のメニューにだけ書かれていた文言だったのでしょうか…;;;。

いまでも、ココイチに行った時には、「10辛」と注文しそうになる事が度々ございますw。

しかし、そう口が滑りそうになる度に、ワタクシの脳裏には、あの時の店の「救急車…」の一文が浮かび上がるのでありますw。

…これも、ある種の「トラウマ」かもしれませんな…w。

まぁ、健康とチャレンジ精神を秤にかける程、若くもございませんw。

ワタクシには多分、2辛くらいが丁度良いのでしょうw。


…でも、かけうどんは、出汁の色が赤くなるくらい七味を入れるのが好きですwww。




あ、そうそう。

ココイチ監修の「ドライカレーの素」って、スーパーなどで売ってるの、ご覧になったことおありですか?

これ、ワタクシも手抜きをしたい時にたまーに買ってくるのですがw、

なかなか簡単に作れて、尚且つそれなりに美味くて丁度良いご飯になりますw。

ワタクシはこれに、5mm程の輪切りにしたソーセージを混ぜるのが好きですねw。

時間があまり無い時などに、よろしければ是非お試し下さいましww。




…そういえば、うちの旦那はココイチのキーマカレーが好きでしたな…(。。)。




日本人なら米を喰え!!!(゜Д゜)

皆様こんにちは(=゜ω゜)ノ

ワタクシの棲息地域は、本日、湿度がもうヤバイですwww。

パートに出勤して参ったのですが、外歩いてる筈なのに、なんでしょう、

風呂場の中を歩いてるような…、このまま着てる服までぐっしょり濡れるんじゃね?と危惧しそうになる程の、

容赦ない湿気でございますw。

もう、いっそ、備長炭を持ち歩きたいくらいでございますよ;;;。

しかし、中国地方で実際豪雨に遭われた皆様に比べれば、これしきのこと…どうということもございませんな;;。

ニュースを見る限り、とんでもない水害まで発生しているようでありますが;、ホント、日本の気候はここ数年おかしくなっておりますね;;。

被災された方には、心よりお見舞いを申し上げます;;。



さて。

我が家では、先日うちの旦那が、とあるふりかけを買って参りまして。




【七味ふりかけ】
というのですがね。

これが、ワタクシもちょこっとふりかけて食べて見ましたらば…、


ちょwww何コレめっさあたし好みwwwwww。


という美味さだったのですよw。

ちなみに、旦那が買って来たのは、↑の写真のうち、「鮭七味」「かつお七味」でございます。

ひとまず、旦那に遠慮して、「鮭七味」しか喰らっておらんのですが、

七味好きには堪らんですなぁ…www(*´Д`*)

ワタクシ、かけうどんに関しては、必ず七味を入れないと気が済まない人でございましてw、

学生時代から、七味唐辛子を愛用しておりますw。

旧ブログにも書いておりますが、そもそも香辛料系の辛さが好きなんですよねぇ…www。

カレーも甘いのよりは辛口が好きでございますしw。

そんなワケでございましてw、辛党の方には、是非このふりかけを一度試して頂きたく思いますw。



さて、皆様にもそれぞれ、こだわりの「ごはんの友」があるかと思いますw。

ちなみに、ワタクシはこの「七味ふりかけ」に出逢うまでは、

鉄板であろう、「味付けのり」と、

「海苔の佃煮」



…や、「塩昆布」



…が好きでございましたw。…てか、

そんなに海藻が好きかワタクシよ…wwww。

それ以外では、

鮭フレークや、シーチキンのぶっかけも好きですねぇw。

あ、忘れてはならないのが、

鰹節ふりかけ上から醤油ぶっかけの、「猫まんま」wwww。

これは、未だにお昼ご飯の時などにやってますw。そして、旦那に生温い目で見られてますwww。


逆に、苦手なのが、

「納豆」「生卵がけ」でございますな;;。

納豆は正直に言いまして「喰わずギライ」でありますがw、

たまごがけご飯は、あの食感がちょっと…:;;(-_-;)

うちの旦那はたまごがけご飯大好きな人ですが、…ワタクシからすると、マジで信じられないのです…;;。

あれ、ホントに美味いのか??

卵はがっちがちに固まってないと嫌なのは、ワタクシだけなのか…!?

目玉焼きだって、半熟よりも黄身が完全に凝固してないと、気持悪くないかっ!?


…てなワケですので、ワタクシ、すき焼きすらとき卵が使用できません;;。


こんなワタクシは、どこかおかしいでしょうか;;(-_-;)

世の、たまごがけご飯好きな方々に、生卵が気持悪くない理由を、是非ご教授頂きたく思いますorz。



そういえば、数年前、「食べるラー油」が爆発的なヒットを飛ばしておりましたねw。





当時ワタクシ、食品系の物流会社に勤めておりましたので、

売れ過ぎて品薄状態になっていたのを、つぶさに見ておりましたww。

どこの会社かは言えませんがw、販売元様もあそこまで売れるとは思ってらっしゃらなかったそうでw、

嬉しい悲鳴なのでしょうが、生産が追いつかなくて随分と大変でらっしゃったようです;。

で、そこまでヒットしてるのをよく知っていながら、ワタクシが実際に初めて「食べるラー油」を食べたのは、

実は去年の年末か今年の初めくらいのことでございますw。

きっかけは、たまたまスーパーで「食べるラー油」を見かけまして、

当時の品切れ状態から打って変わって、誰も見向きもしない様になんとなく物悲しさを感じたせいでございますwww。

しかし、実際喰ってみたら、これがまた、数年前人々がこぞりまくって買い漁ったのも頷ける程、美味でございましたw。

その後、「塩麹」のヒットですっかり日影の身となってしまいましたがw、

ワタクシはあえて言いたい。

皆様…たまにでいいのです。「食べるラー油」のことも思い出してあげて下さい……(´・ω・`)。


あれは、ホントに白いご飯に合うと思いますwwww。




「食べるラー油」をもう一度思い出して下さる方はコチラwww。

やっぱり白い飯には「海苔の佃煮」がサイコーに決まってんだろ!という方にはコチラwww。

「塩昆布」に熱いお茶ぶっかけて食べると美味しいんだよねぇ…wという方にはコチラwwww。


livedoor プロフィール
Profile
最新コメント
  • ライブドアブログ